×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダブルインパクトが開発される元となる実験があったはず!

その実験での改善率が高かったこともあり、その結果を踏まえてダブルインパクトが開発されたはず!

その昔、名古屋市立大教授(岡嶋研二教授)が薄毛や円形脱毛症に悩む人たちに対して実験(臨床研究)をしているんですよね!その研究成果を発表したニュースが話題になっていました。例えば、読売新聞でも記事になっています。

育毛に豆腐と唐辛子のメニュー効果的~熊大助教授確認(読売新聞、2004/07/16)
唐辛子の辛み成分であるカプサイシンと大豆などに含まれるイソフラボンを同時に摂取すると「育毛に効果的である可能性が高い」という研究結果を、熊本大大学院医学薬学研究部の岡嶋研二助教授(血液学)がまとめた。

8月から半年間かけて約50人を対象に効果を検証する。

岡嶋助教授の研究によると、カプサイシンは全身に分布する知覚神経を刺激し、「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」という物質を放出させる。

CGRPは細胞増殖にかかわり、毛髪の成長に重要とされる「インスリン様成長因子」を増やすという。イソフラボンはカルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防ぐ作用があることで知られるが、CGRPが作られるのを促進する効果もある。

岡嶋助教授は、ストレスで頭髪やまゆ毛が抜けた男性にカプサイシン6ミリ・グラム(唐辛子2グラムに相当)とイソフラボン75ミリ・グラム(豆腐約200グラムに相当)をそれぞれカプセルで4月下旬から毎日摂取してもらった。

皮膚科の治療では効果がなかったのに、飲み始めて1か月で頭頂部とまゆの一部に発毛があり、2か月半たった現在も順調に伸びている。

熊本大医学部元教授(皮膚科)の小野友道・同大副学長の話
「もっと症例を集める必要があるが、(内服で発毛するというのは)面白い着想だ」


他にも日経ヘルスなんかでも記事になっていた気がします。こんなこともあり、ダブルインパクトが開発されたわけですね!ただ、後日談もあり、確か大豆イソフラボンの摂取量が話題になったことがあるわけです。

確か大豆イソフラボンの1日の摂取量の上限(目安)は、70~75mg/日ですが、サプリとして追加摂取する場合は30mg/日なんてことが話題になったわけです。この辺は、『大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A(http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html)、内閣府 食品安全委員会』などを参考にしてみるといいです。

大豆イソフラボンって摂取するのに、ちょっと気を使う成分でもあるんですね!