×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IGF育毛理論を動画で解説

育毛、発毛といえば岡嶋教授です。パート1

育毛、発毛といえば岡嶋教授です。パート3

育毛、発毛といえば岡嶋教授です。オレ説

育毛、発毛といえば岡嶋教授です。カラダのミカタ


上記の動画で伝えようとしていることを簡単にまとめると、唐辛子(カプサイシン)と大豆(イソフラボン)を同時に摂取することで、薄毛が改善され育毛効果がみられたというもの。これカプサイシンとイソフラボンの同時摂取は、毛髪の成長期が延長するらしく、それにより育毛効果が現れるらしい。このことを名古屋市立大教授(岡嶋研二教授)が論文として発表したことで、メディアなどでかなり取り上げられた。

この岡嶋教授の研究は、薄毛や円形脱毛症の悩みを抱える31人に対して、5ヶ月間の実験をしたそうです。その結果、20人に対して育毛効果が確認できたそうです。

ここで、なぜ育毛したのか不思議ですが、その理論としてはカプサイシンとイソフラボンの同時摂取により『IGF-1(インシュリン様成長因子1)』と呼ばれる物質が作られるそうです。『IGF-1』の役割は、細胞の成長促進と健康維持です。そして、この『IGF-1』が体内で増加すると、『毛母細胞の分化促進』『毛髪成長期の延長』『皮膚の老化防止』といった効果が期待できるようです。

以上のことから『唐辛子(カプサイシン)』と『大豆(イソフラボン)』の同時摂取が薄毛改善に効果があることがわかったそうです。この理論で開発されたのが育毛サプリメントの『ダブルインパクト』なのです。